当院では、心理療法家(メンタルケア心理士)によるカウンセリングを行っております。

  1. カウンセリングご予約
  2. 初回(インテーク)面接 (導入面接) 
  3. 心理アセスメント   ※必要に応じ導入

    心理テスト
     POMS …気分プロフィール検査
       過去1週間における感情(気分)状態について緊張・不安、抑うつ・落ち込み、
      怒り・敵意、活気、疲労、混乱の6つの面に分けて、各質問によって調べます。

     PSI …小学生から高校生におけるストレス状態について、日常場面で生じるストレス
       反応、それを引き起こす原因としてのストレッサ―、ストレスを和らげるのに
       役立つソーシャルサポート(社会的支援)の3つの面から明らかにします。

     エゴグラム…個人の自我状態について「子どもの自分」(子どものような本能・感情
       的なこころ)、「大人の自分」(事実に基づいて考え、判断する理性的なこころ)
      「親の自分」(幼少期に親から学んだ態度や行動)の3つのバランス状態から性格
       分析を行います。

     バウムテスト …画用紙に実のなる樹木を描いてもらい、その作品の分析により性格診
       断の補助として使われます。

     風景構成法…画用紙に山、川、花、動物など所定のものを自由に配置して彩色の風景
       画を描いてもらい、性格や心理状態の診断の補助として使われます。

     箱庭療法…言葉にしたいけれどうまく自分の気持ちを表現できない方、言葉にする事
       に恐怖を感じる方、絵を描く事に抵抗がある方等、箱庭を置くことにより言葉に
       できない表現ができたり、癒されたりします。

     ロールシャッハテスト…左右対称のインクのシミからなる様々な形態の図版について
       何に見えるかを答えてもらうことにより、その個人の無意識的な心理、思考様式、
       感情的特徴、対人関係などを捉えます。

     夢分析…なぜか忘れられない印象的な夢を見て気になって仕方がない、という時など
       に行います。それにより無意識からのメッセージを受け取り、理解していきます。
       ※症状によって他の療法・技法を織り交ぜながらカウンセリングを行います。

     発達検査
        発達検査は、発達全般、および認知、言語、社会性、運動などの子どもの状況
       を客観的に測定し、療育や教育における支援の方針や将来のために今できること
       を考える上で役立ちます。

    
  4. カウンセリング(主に来談者中心療法)
   
  5. 心理療法
      認知行動療法・自律訓練法・内観療法・マインドフルネス・ナラティブセラピー・
      コーピング他